塾の種類とそれぞれのメリットとデメリット

子供の中学受験を決めたときに迷うのが塾選びです。
学校の授業以外の指導を受けることができる塾には複数の生徒と一緒に学ぶ集団指導塾と一人または少人数で学ぶ個別指導塾に分けることができます。
集団指導塾では多くの地域で幅広く教室を展開している大手と小規模で地域に合った指導を行う個人塾があります。
塾以外にも自宅でマンツーマン指導を行う家庭教師があります。
集団指導塾では受験を前提とした生徒が学んでいるため目標に向かって刺激となります。
ただし授業に遅れてしまうと追いつくまで時間がかかります。
大手の集団塾の場合には立地が良い場所に塾があり、受験に関係ある情報が多く入手することができますが、集団が苦手の子供は苦痛になってしまう場合もあります。
個人塾の場合には地域に合った内容やテスト対策を受けることができます。
地域密着なため他地域などの情報量が少ないデメリットがあります。
個別指導塾では個人に合わせてカリキュラムを組むことができますが、競争相手がいないことがデメリットになる場合もあります。
家庭教師の場合には塾に通う時間がなく、自宅なのでリラックスしながら学ぶことができます。
先生と仲良くなりすぎてしまったり、費用が塾より高額になってしまうデメリットがあります。

ファッションデザイナーへの第一歩

日本の名ダンサーがあなたを指導
ダンサーになりたいあなたをプロの目からしっかりと見てくれます

作品制作に打ち込める2年間
映画づくりなら東放学園映画専門学校にお越しください

最新記事